スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

甲子園球児に学ぶ若手の考え方
こんにちは、NIコンサルティングの草薙です。

高校野球、ご覧になりましたか?
今年も白熱しておりました。多くの企業で「ゆとり世代」というレッテルを貼られることもありますが、甲子園球児たちは世間に出たとしても、たくましく仕事をされるでしょう。私にもレギュラーとして甲子園に出場した友人がいますが、他校に勝つ前に自校でまずレギュラーを奪わなければならないと言っていました。甲子園に出るようなチームなら、なおさらチーム内での競争も激しいのでしょう。甲子園球児たちは「ゆとり」を感じている場合ではないですね。

優勝を果たした前橋育英の高橋光成(こうな)投手は、勝利者インタビューで毎回「3年生と一緒にできるのもあと少しなので、楽しんで野球をやりたい」と言っていました。勝つのはもちろん重要なのですが、ただ勝つだけではなく楽しんでやることも重要なのです。ただただ辛いだけで勝ったとしても、あまり嬉しくないのでしょう。「ゆとり世代」と呼ばれる人は、夢があっても、その夢に向けた努力も楽しんでやりたいという特徴があります。昔の世代の人たちは、「苦しい努力の先に夢が実現する」と考える傾向があるため、その考えが今の若い人たちには受け入れられなかったりするのです。

「ビジョン」や「夢」を共有することはもちろんのこと、楽しんでその道を進んで行けるやり方を社員の皆さんと共有することが必要なのです。昔は「年収1,000万円」という目標実現のために苦しいことも乗り越える努力ができたのかもしれません。でも、今は苦しいのであれば「年収1,000万円」ももらえなくてもいいや!と思う傾向があります。だから、「予算目標を達成してボーナスを増やそう!」と発破をかけても、「笛吹けど踊らず」という会社が増えてきているのです。どこのマネージャーさんに話を聞いてみても、若手育成にお手上げ状態と言っています。

そこで、必要なことが「リーダーシップ」!グイグイと人を引っ張っていく能力というよりも、ビジョンを共有して、なおかつそこに至るまでの過程をも楽しませることのできる能力が求められています。弊社では「ゲーミフィケーション」という考え方を仕込んで、ビジョン実現に向けた新しいやり方を提唱しております。その方法にご興味があれば、是非本セミナーにご参加ください。ブログ読者は無料でご参加いただけますので、お気軽にお申込みいただければと存じます。
お申込みフォームの備考欄に「ブログ特典」とご入力いただければ、参加費が無料になるので、お忘れのないようお願い致します。







「仕事のゲーム化」でやる気モードに変える
こんにちは、NIコンサルティングの草薙です。

前回「顧客ニーズをつかむことができれば、ラクに売れます!」と書きました。すると、ある経営者は「顧客の価値観を具現化することが我々の仕事だ」と言っていました。顧客の価値観を具現化してあげれば、無理やり売り込まなくても自然に売れるということです。

自然に売れるためには『仝楜劼硫礎祐僂鯒聴する』『顧客の価値観を具現化する』のステップを踏む必要があります。仮に,出来たとしても△できなければ売れません。仮に,できていなければ確実に△呂任ませんね。ただの売り込みになります。

では『仝楜劼硫礎祐僂鯒聴する』は、簡単なのでしょうか?相手の人がベラベラと自分の価値観を話してくれるのなら、比較的把握しやすいですね。しかし、自分が何を欲しているのか分かっていない人が大半です。だから、どのようなものが欲しいのかを営業マンが聞き出していく必要があります。

そこで、ある会社は営業マンに「ヒアリングシート」を持たせて、客先でヒアリング項目を聞いてくるよう指示しています。「ヒアリングシート」を読み上げながら質問すると、尋問のようになってしまう恐れもあるため注意が必要ですが、何も聞けないよりも顧客の価値観が分かるので、是非「ヒアリングシート」を作ってみましょう!

我々は「QCDKTR」のポイントでヒアリングするよう推奨しています。

1.Q(Quality):□機能重視 □レスポンス重視 □デザイン重視
2.C(Cost):□予算額重視 □イニシャル重視 □ランニング重視 □決算月
3.D(Delivery):□納期希望日 □納期体制 □納期時立会
4.K(Key Man):□意思決定権者 □プロジェクトオーナー □意思決定方法
5.T(Timing):□購入時期計画 □繁忙期 □社内イベント開催日程
6.R(Relation):□資本関係・系列チェック □人間関係重視度

例えば、上記のような項目をヒアリングシートとして1枚持たせてみると良いです。
少しは、顧客の価値観が見えてくるかもしれません。

このような取り組みを「ゲーム」にしてみることで、営業マンが楽しんでヒアリング項目をチェックしている企業もあります。ゲームの作り方はこちらのセミナーでお伝えします。

現状にご不安や問題を抱えているのなら、新たなヒントになると思います。
仕事のゲーム化で5月病を克服!
こんにちは、NIコンサルティングの草薙です。

ゴールデン・ウィークが終わりました。
リフレッシュできたでしょうか?
朝晩は肌寒いですが、過ごしやすい気候になってきました。旅行や買い物など、レジャーを楽しまれたのではないでしょうか。世間で言うゴールデン・ウィークは終わりましたが、仕事が始まっても常にゴールデン・ウィークであり続けられるよう、毎週楽しんで生活できれば最高ですね。

そのために、今日からでも試していただきたいのが『ゲーミフィケーション』という考え方です。『ゲーミフィケーション』を英語で表記すると『Gamification』です。つまり、Gemefy(ゲーム化)するということです。先日面談した経営者は『ゲーミフィケーション』を企業経営に取り入れていると言っていました。社員の年齢が20代と若い会社なので、仕事をゲーム化することで、仕事に対する取り組み方が、楽しく前向きになると実践効果を語ってくれました。

電車の中では、携帯電話を使って「LINE POP」というアプリで熱心に指を動かしている人がいます。男性はと言うと、「パズル&ドラゴンズ(パズドラ)」をやっている人をよく見かけます。http://www.gungho.jp/pad/
どちらも頭を使って遊ぶゲームなので、一概に時間の無駄だと言い切ることはできません。ランキングが表示されるので、友達に負けまいとして、必死に得点を上げようと頑張ります。友達に勝っていれば、満足感を得られて自信がつきます。

では、仕事をしながらテレビゲームやソーシャルゲームをやるのか?と言うと、そういう訳ではありません。現在行っている仕事内容で「ゲーム化」できる部分は「ゲーム化」するのです。勝ったら報酬がもらえ、負けたら罰ゲーム。例えば、「全ての得意先企業へ新製品PRゲーム」はいかがでしょうか?企業としては新製品の受注につなげて欲しいものですが、受注に至るまでの行動をゲーム化することがミソです。受注件数や金額をゲーム化しても、ノルマや目標と同じだと白けてしまう人もいるためです。

この4月に新入社員として入社された方のモチベーションはいかがですか?
5月病という言葉があるように、ゴールデン・ウィーク明けの心の状態が気になるところです。楽しんで仕事に取り組めるように、是非「ゲーム化」することにチャレンジしてください。仕事を「ゲーム化」して楽しむ秘訣はコチラ↓

電子秘書が毎日を楽しくしてくれます!
こんにちは、NIコンサルティングの草薙です。

先日、弊社が開発している営業支援システム「セールス・フォース・アシスタント」を紹介しましたら、どうしても欲しくなってしまったお客様がいました。
従来の「顧客創造日報シリーズ」でもその企業がやりたいことは十分できるはずなのですが、「セールス・フォース・アシスタント」が欲しくてたまらないということです。

「セールス・フォース・アシスタント」というのは、
アシスタント機能を兼ね備えた『電子秘書システム』のことです。

従来の「顧客創造日報シリーズ」の方が安いし、電子秘書機能をオプションで付けると価格が高くなることを伝えたのですが、オプションで価格が高くなろうが欲しいと言われました。理論的に欲しいというより、感情的に「なんとなく欲しい」のです。

ある会社の社長は「アシスタントのキャラクターがいるだけで、ホッとする」と言っていました。前向きに楽しんで仕事をしようと思っても、お客様に断られたりクレームを言われたりすると、心が折れてしんどくなる時もあります。そんな時に自分をサポートしてくれる存在は、生身の人間ではなくても心強いものです。

リアル秘書は人間なので、気分が乗らないことや不機嫌になることだってありますが、電子秘書は365日24時間ニコニコ元気です。
リアル秘書は事情によっては退職することや突然病欠することがあります。電子秘書は辞めろといわれても辞めませんし、病気にもかかりません。
リアル秘書にセクハラやパワハラなんてご法度です。訴えられてしまう可能性もあります。電子秘書なら何を言われても動じません。目の前で着替えもします。

「電子秘書」と生身の「リアル秘書」との違いについて、下記リンクにて説明をしておりますので、どうぞご覧ください。

決算月のプレッシャーで、心が弱っている方は、是非「電子秘書」に応援してもらってください。「リアル秘書」は人を選んで、応援したり、しなかったりと不安定ですが、「電子秘書」は毎日ニコニコあなたを応援してくれます!




やっぱりゲームの力は侮れない!
こんにちは、NIコンサルティングの草薙です。

1ヶ月前、弊社仙台支店の安藤から私はあるプロジェクトを任されました

私、結婚することになったので、結婚パーティーの司会を是非ナギさん(草薙のこと)にお願いしたいのですが。」と安藤から電話があったのです。

結婚パーティープロジェクトの任命を受けた私は、弊社西日本支社の西山を新郎側のメンバーに任命し、新婦側の女性2名と共に4名のプロジェクトチームを作りました。

新婦が望む結婚パーティーは参加者全員が楽しめるパーティーにしたいというものだったので、その望みを叶えるためのプログラムを議論しながら決めていきました。

結婚パーティーに欠かせないのは、余興とゲームです。
余興としては、新婦側のご友人が「AKBダンス」や「感動DVD」「カップルトレーナー(2人で着るトレーナー)」を用意してくれたため、新婦は号泣をしていました。
幹事の裏目的である“新婦を感動で泣かせたい”については、達成です!

さて、肝心の“参加者全員が楽しめるパーティーにしたい”という新婦の望みを叶えるためには、ゲームで全員が盛り上がる必要があります。
ここで我々は今流行りの『ゲーミフィケーション』を取り入れました。

参加者を5名/チームに分け、チーム毎に賞品GETを目指して盛り上がってもらうというチーム対抗ゲームです。ゲーム内容(体育系)は以下3つです。
1)トイレットペーパー早巻きゲーム
2)ティッシュペーパー早抜きゲーム
3)ピンポン玉、ズボンの裾通しスピードゲーム

今回、重要視したのが『ランキングの見える化』です。
下記写真のように、勝ち点の数だけ鈴をぶら下げるようにしました。新婦側の幹事さんが手作りで作成してくれました。



それぞれのチームが一丸となって、優勝を目指して一生懸命に取り組んだ結果、非常に盛り上がるパーティーとなりました。

弊社メンバーが少人数のアウェイ環境で盛り上がる会にできたのは、『ゲームの力』を利用したのが大きかったです。

「ゲームの力をパーティーに活かす『ゲーミフィケーション』を取り入れました」と司会で話しましたが、NIコンサルティングの社員以外、皆の頭の中に???が浮かんでいました。そんな寒い時は、「Yeah!」。

弊社の『笑いヨガリーダー』である清永は、賞品のヨガマットが当たり、ものすごく嬉しそうにしていました。


やっぱりゲームの力は侮れません。是非この強大な力を仕事に活かしませんか?

ブログ特典として、下記セミナーへ無料ご招待をいたしますので、是非ご参加ください。

『ゲームの力を仕事に活かせ!』
※備考欄に「草薙ブログ特典」と入力しないと無料にはならないので、ご注意ください。

仕事に笑いとゲームを
昨日は何を食べた?
最近、このように質問をされても、一向に思い出すことができません。
記憶力が悪くなったな、と思うこともあります。
しかし、「○○っていう企業のこと憶えている?」と聞かれると、
3年前に1回だけ訪問していたとしても、その時話した内容や場所などを憶えています。

なぜ商談内容をこと細かに憶えているかというと、
1件1件の商談ごとに、人から聞いた“情報”をメモとして残しているからです。
実際に手を使って情報を出力することで、記憶の定着率は高まるようです。

スティーブ・ジョブズ氏もReal artists ship(本当の芸術家は出荷する)」と言っています。「頭の中の“情報”を具体的なカタチにして出荷すること」、誰かに話したり、文章を書いてみるということが重要です。

そもそも“重要な情報”なら、頭の中にだけ保存していても忘れてしまうので、せめて文章として書き残しておくはずです。でも、“重要な情報”は全て、自分の頭の中に入っていると勘違いしている方が多くいらっしゃいます。忘れても問題ないか、また聞けばいいや、と思っているのかもしれません。

重要な情報は必ず書きなさい!と指示をされ、手を使って書き残すことは良いと分かっていたとしても、どうしても面倒臭さが先行します。

このブログも同じです。自分の考えが文字として出力されることで、物事が整理され良い側面があるのも分かりますが、書くのが面倒臭いと感じる時もあります(苦笑)。

「面倒臭い」「嫌だな〜」と思った時は、『まず笑う!』。
笑うことにより、「冷静かつ客観的に」ちょっと余裕を持って物事に取り組むことができます。つい後ろ向きになりそうな時は、笑顔で仕事に取り組んでみてください。

そして、仕事を楽しむために、「自らルールを作って」ゲーム化して取り組んでみるのも良いでしょう。数えてみると今回のブログで65投稿目。
さぁ、100投稿に向けて頑張るぞ!!

仕事にも笑いとゲームを。
「ゲーミフィケーションで会社を活性化せよ」セミナーは、お陰様で満員御礼です。


やると決めたことをやるのは難しいですか?
こんにちは、NIコンサルティングの草薙です。

前回は「ビジョン(=○○になりたい!」と「計画(そのために○○をやる)」について、書きました。何事も決めなければ、その実現性は限りなく低いので、必ず「ビジョン」や「計画」を考えましょう!とお伝えしました。

例えば、どの企業もそうですが「3年後の年商目標は、○○円だ!!(=ビジョン)」と声高々に方針を発表します。そして、その目標を達成するために、「○○にこだわってやっていくぞ!!(=計画)」と細かいことを決めます。

しかし、悲しいかな、ビジョンと計画を決めても、実現しない場合があります。
色々な会社を見てきていますが、ほとんど実現できていません・・・
だから「ビジョンや計画なんか立てても結果は同じ」という考えになってしまうのでしょうね。

では「なぜ結果が同じになってしまうのでしょうか?」。

一番多い原因は、ビジョンや計画を立てても、それに基づいて『実行しない』からです。
『実行しない』と結果が同じになってしまうのは、これ当たり前ですね。
たくさんの会社を見てきていますが、実行していません!!

「いやいや、せっかく決めたのだから、計画通り実行していますよ」と言われる方もいらっしゃいますが、実行したり、しなかったりで、非常に中途半端なのです。

【ビジョンや計画を立てる(Plan)】【その計画に基づいて実行する(Do)】

上記の流れは当たり前で簡単ですが、実はこの間に大きな壁が存在します。

なぜ実行できないのでしょうか?

ひとつ言えることは、「いつまで計画通りに実行したら良いのか、分からな〜い!!!」ということです。期限が決まっていないことが多い。一生、その計画通りに動くのか!?という話です。今期なら今期!3ヵ月なら3カ月!9月末なら9月末!年末なら年末!と期限を切ってください。それなら、まだ実行しやすいのではないですか??

だから、期限を切って「○月末までは徹底的に実行してください!」と言います。
すると、意識して計画通り動くのですが、少し時間が経てばまた元通り・・・

「他人から言われたからやる」というのは、『外発的動機』で動いていることになります。どこかのタイミングで『内発的動機』により自ら動かない限り、他人から言われなくなれば行動しなくなります。

「口酸っぱく言わないと、ウチの社員は動かない」と言われる人が多くいますが、諦めるのではなく、どこかのタイミングで『内発的動機』で動くように知恵を絞る必要があります。

何をやれば『外発的動機』から『内発的動機』へ変わるのか!?

ひとつのやり方が、、、「仕事のゲーム化

例えば、テレビゲーム。他人から「やれ!」と言われなくてもやる。
そして、怖いのが他人から「やるな!」と言われても、ついついやってしまう。

これを仕事に活かせたらスゴイことになりませんか?

上司から「計画通りに動け!」と言われなくてもやる。
上司から「計画通りに動くな!」と言われても、ついつい計画通りに動いてしまう。

以下の流れで、つまずくことがなくなりますね。
【ビジョンや計画を立てる(Plan)】【その計画に基づいて実行する(Do)】

仮にあなたが、この流れでつまずいているのであれば、
一度「ゲーミフィケーションで会社を活性化せよ」の話を聞いてください。

計画が曖昧すぎて、実行しようにも何をすべきか分からないというケースもあるので、
その話はまた書きますね。


******************************************

****************************************** 
  ITソリューション
 営業支援システム(SFA・CRM)
  グループウェア「NIコラボ」
******************************************