スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

<< オリンピック招致のプレゼンテーション | top | 「営業がイヤだ!」と思ったら・・・ >>
意識改革は“ビジョンの見える化”から
こんにちは、NIコンサルティングの草薙です。

「自己発働(Self Motivation)」という言葉があります。自分の人生は自分でつくるものであること、また仕事が全て自分のためになり、自分の成長に結び付くもの、と考えることです。「他人事」として考える社員が多い企業では、何をやってもうまくいきません。逆に「自分事」として自己発働の精神で仕事を行う社員が多い企業は、何をやってもうまくいきます。

あなたの会社の社員さんはイキイキと仕事に取り組んでいますか??「ルールだから」「ノルマだから」「上司に怒られるから」など、人から言われて嫌々、仕方なく仕事をするという考えが蔓延していませんでしょうか?心の中でそう思っている社員にいくら発破をかけても無駄になってしまいます。

弊社が提供している「可視化経営システム」は、3,000社以上の企業で利用して頂いておりますが、同じシステムにも関わらず、活用方法に大きな開きがあります。これは、非常に不思議なことです。同じ内容のシステムなら、全ての企業が同じように効果が出ても良いはずです。結局のところ、その道具を使う“人”によって、道具を財産にすることもできれば、ガラクタにすることもできるということです。

道具を財産にする上で大切な考え方が「自己発働」です。他人に依存するのではなく、自分が主になって動くのです。そのためには、『リーダー』になってみるのが一番手っ取り早いです。まだ役職がついていなくても、あるプロジェクトの『リーダー』にはなれるはずです。新商品開発、新プロモーション方法、社員旅行などを仕切る『リーダー』でも良いです。他人に依存できない環境を作りだすことで「自己発働」の芽が出てくるのです。

そのような社員が多い企業の場合、どのような情報システムを導入しても上手くいく傾向があります。逆に残念ながらシステム導入が必ず失敗するという会社があります。そのような会社はより良いシステムを求められるのですが、残念ながらどんなシステムを導入しても意識が変わらないと失敗します。だから、ネガティブになってしまう方もいます。「ウチの会社はもう駄目ですよ」と。

そんな時は、諦めずにコツコツと社内の『意識改革』を進めて行きましょう。どんな会社も必ず変われるはずです。まずは『ビジョンの見える化』から始めませんか?


スポンサーサイト
COMMENT









Trackback URL
http://ni-kusanagi.jugem.jp/trackback/112
TRACKBACK