<< マイナンバー対策で情報活用基盤の構築を! | top | 営業リーダーが会社を動かす! >>
業績を伸ばす上で重要なのは、やはり“差別化”!
こんにちは、NIコンサルティングの草薙です。
 
久しぶりに歯のメンテナンスのため、近くに開院した歯科医院に行ってきました。家から近く、見た目がキレイ、そして「結構良いよ」という声もあったので、試しに行ってみたわけです。すると、それはもう、非常に良いサービスだったので、リピート間違いなしです。他の歯科医院とは大きく差別化されていました。
 
歯科医院は、コンビニの数よりも多い激戦の商売です。医師の友人から、今や歯医者で儲けるのは非常に難しいと聞いたことがあります。そのため、生き残りをかけて凌ぎを削っているのでしょう。私が行った歯科医院は、ただ新しいというだけではなく、他の歯科医院にはない特徴を兼ね備えています。
 
  • 日曜・祝日診療
休診日は、毎月1日・2日だけ。それ以外は、土日祝9:00〜19:00まで診察しています。一時、「平日の深夜に空いている歯科医院はないかな?」と思っておりましたが、日曜・祝日も診察OKなら十分通えます。
 
  • 担当制による一人一人に寄り添った診療
歯科医師や歯科衛生士が担当制になっており、責任感を持って一人一人の患者さんと向き合ってくれます。1回約1時間、完全個室でヒアリングや助言をしてくれます。日頃、感じている疑問点に対して、丁寧に答えて頂ける点に感心しました。
 
『むし歯にならない為に通う歯科医院』、治療ではなく予防を全面に押し出しています。小学生時代にやったと思いますが、染め出し剤を使って、歯磨きの汚れチェックをした上で、歯磨きのやり方から、フロス(歯と歯の間の汚れを取り除く紐)の使い方を丁寧に教えてくれます。歯ブラシも同じ歯ブラシを1ケ月以上使い続けると、バイキンで歯を磨くことになるので止めた方が良いとのことでした。
 
初診の際、歯全体をパシャパシャと撮影され、また12個の角度からレントゲンも撮られたので、現状の歯の状態は保管されています。自分自身で歯のメンテナンス方法を学ぶことで、3ヶ月後に歯の状態がどれだけ良くなっているのか楽しみです。『治療のために歯科医院に通う』から『予防のために歯科医院に通う』と考え方を180度変えることで、ここまで競合と棲み分けができることに気づきました。
 
病院経営に関連する企業をサポートしている私としては、このような気づきをしっかり伝えていきたいと思います。そして、他の業界にも応用していきます。
 
スポンサーサイト
COMMENT









Trackback URL
http://ni-kusanagi.jugem.jp/trackback/160
TRACKBACK