スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

<< テレワークで働き方改革! | top | 技術は常に進化し続けている >>
業務時間内に仕事が終わらない

こんにちは、NIコンサルティングの草薙です。

 

私のお客様でも「残業禁止!」という企業が増えてきました。『働き方改革』の波が中小企業にも押し寄せてきましたが、「働き方改革=長時間労働の是正」と捉えている企業が多いです。前職では『スイスイデイ』と言ったりして、水曜日はスイスイ早く帰りましょうね、という活動をしておりましたが、どことなく徹底度にかけていました。ここ最近は、電気やパソコンが強制的に消されたり、残業をしているとボーナスを減らされたり、会社側も長時間労働の是正に覚悟を持って取り組んでいます。本気で取り組む企業が増えていることは、なぁなぁでやるよりは良いことではないでしょうか。

 

今までサボりながらダラダラ仕事をしていた人であれば、業務時間内に仕事も終わるでしょうし、企業側としては残業代も削減でき良いことずくめです。定時後、同僚と仕事とは関係ない話をペチャクチャ喋って職場に居残っていたのであれば、電気代や空調費も削減されメリットもあります。

 

ただ、「早く帰れと言われても、仕事が溜まる一方だ」という不満の声も聞きます。業務時間内にさばき切れない程の業務量を抱えている人からすると、どうやって業務時間内に完了するのかは喫緊の課題です。『生産性を高めよ!』と叱咤激励されても厳しいのが現状ではないでしょうか。仕方なく、残った業務を自宅に持ち帰って仕事をしている人も多くいるでしょう。生産性が上がったというよりは、職場で残業して対応していた業務が、自宅で対応することになった、というだけの場合も多いです。

 

職場で仕事をしていた時は、残業代がもらえて給料の足しにできていたのが、自宅で仕事をすることで残業代は出ず、不満をもらしている企業の社員はたくさんいます。みなし残業を撤廃された会社の営業マンもいますが、今までの生活レベルを維持できずに大変だと言っていました。みなし残業でもらっていた時間給分、残業できるかと言うと、現実は難しいようです。会社側も無駄な残業を認めるわけにはいかないため、事前に上司への報告が必要で、その報告は面倒くさいものなので、結局、残業せずに明日に持ち越すか、自宅に仕事を持ち帰るということになります。

 

では、理想として、仕事を自宅に持ち帰ることなく、どうやって業務時間内に完了するのでしょうか?終了時刻が固定されることで何とか時間内に仕事を終えようとするため、少しはスピードアップしているかもしれません。「今日は夜7時から予定がある」となれば、それなりに業務を終えようとやりくりするはずです。

 

ここ最近の日本の環境が「残業禁止」の風潮があるため、なんとか気合で乗り切ろうとしている人が多くいます。ただ「そうは言っても難しい」と不満を抱えるだけで、諦めている人が大半です。気合だけではない知恵や工夫が必要とされておりますが、また、次回以降、取り組み事例を説明します。
 

スポンサーサイト
COMMENT









Trackback URL
http://ni-kusanagi.jugem.jp/trackback/176
TRACKBACK