スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

<< 技術は常に進化し続けている | top |
買い手は、やっぱり体験したい!

こんにちは、NIコンサルティングの草薙です。

 

現在、私のスマートフォンは、iPhone5sです。故障した訳ではないのですが、データ容量も限界のところまできているため、そろそろ買い替えを検討しています。現在がiPhoneなので、そのまま使い勝手が慣れている「iPhoneX」に切り替えるのが常套手段です。新しく操作方法を覚える必要もないし、検討に時間をかける必要もないし、データ移行も簡単そうなので、スイッチングコストが安く済みます。軽くインターネットで検索すると、iPhoneXは、ホーム画面が無くなった分、画面も大きくなり、また、画質も鮮明になったとメリットが書かれていました。スタイリッシュなイメージだったので、すぐに欲しくなりました。

ただ、価格が10万円を超え、インターネットで検索するだけでは不安だったので、周りの人にも聞いてみました。果たして、iPhone(iOS)が良いのか、Androidが良いのか。iPhoneの日本語入力がしづらいという意見がありましたが、そこは「Simeji」アプリで解消できるということが分かりました。スマホゲームをする人は、iPhoneの方がゲームの動作がスムーズという意見もありました。そして、Androidの場合、同じAndroidでも、不人気なメーカーがありましたので、その不人気なメーカーは、消去しました。やはり評判は大切です。

 

その結果、「iPhoneX」か「Galaxy Note8」に絞り込まれました。そんな時、タイミングよく「Galaxy Note8」のイベントがありました。docomoなどキャリアの店舗で店員さんに聞いても、機能や価格の説明ばかりで楽しくないのですが、このイベント内で説明を聞くと非常にワクワクしてきました。さすが「アミューズメントパーク」と呼ばれている体験型イベントです。ペンを使って画像をデコレーションさせてくれたり、水槽に端末を落として防水機能を実演してくれたり、VRのアトラクションを体験したり、楽しめました。特に気に入ったのは、外国語で書かれた看板を写真で撮影してペンをかざすと日本語に変換してくれる機能です。さらに、商品画像にペンをかざすと類似の商品を検索してくれるという機能も実用的でした。まさに魔法のペンのように感じました。「すぐに欲しい!」と感じました。ただ、1点だけ気になったのは、スマホの重量です。スマホを借りてパシャパシャ撮影する体験もあったのですが、重さが気になりました。体験というのは、良い面も悪い面も体験できるので、買い手側も納得して購入を検討できます。売り手側にとっては、体験というのは、見込客にメリットを実感頂ける反面、デメリットを隠し通すことはできません。つまり、体験をさせてくれる商品は、売り手にとって、自信のある商品だけかもしれません。

我々も、自社商品を包み隠さずに体験できる機会を作っております。

 

◆SQAスタートアップ研修
https://www.ni-consul.co.jp/etp/2018/sqa-start.html

 

SQAというのは、Sales Quote Assistantの略称で、見積業務に関わる営業活動を効率化するシステムです。

 

エクセルで見積書を作成している企業様は『SQAスタートアップ研修』を体験してみませんか?

是非「ガラケーVSスマホ」のような違いをご体験ください。

 

スポンサーサイト
COMMENT









Trackback URL
http://ni-kusanagi.jugem.jp/trackback/178
TRACKBACK