スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

<< スマートフォンを強力な武器に変える方法 | top | 私の悩みを吹き飛ばしてくれた新製品 >>
口コミと営業の違いとは?

口コミと営業の違いとは?

こんにちは、NIコンサルティングの草薙です。
 
先日、大阪市内にある『隠れ家和食りゅうぼん』という飲食店に行ってきました。
「りゅうぼん」って少しへんてこりんな名前ですが、「隠れ家和食」ってキャッチコピーは惹かれませんか?でも、実際のところ1〜4階まで全部で290席あって全く隠れてないんですよね。外観はコンクリートうちっぱなしのため、ひんやり冷たい印象がありましたが、中に入った途端、暖色の照明を使った雰囲気抜群のお店でした。しかも、創作料理が目でも楽しめるし、しかもかなり美味しいんです!「国産黒毛和牛のすき焼きだし巻き」とか「浪速のキッシュ」とか他店にはないオリジナルなメニューが豊富で最高でした!是非、飲み会やデートなどで利用してみてください。
☆ぐるなびサイト「隠れ家和食りゅうぼん」
http://r.gnavi.co.jp/k206623/

いきなりお薦めの飲食店を紹介しましたが、行ってみたいと思いますか?
上記のサイトから口コミ情報も確認できます。結構良い口コミが多いので行きたくなると思いますよ。私の情報だと信じないかもしれませんが、親しい友人から「この店美味しいよ」と言われたら、機会があれば行こうと思いませんか?口コミって、結構信用力が高いんですよね。

でも、私がこのお店のスタッフだとして、道端でチラシを見せながら「暖色の照明を使った雰囲気抜群で創作料理も美味しいので来てください」と声をかけたら、いかがでしょうか?「行ってみよう!!」という気持ちになるでしょうか?恐らく無視して素通りしますよね(笑)あるいは、「どれくらいマケテくれるの?」と値引きを要請するはずです。先日、「10%安くするので是非飲みに来てください」と声をかけられたので、「20%引きなら行きますよ」と答えたら、20%引きにしてくれました まっ、それは余談ですが、そのお店のスタッフがアピールをしてきても『営業トーク』だと思ってしまうわけです。

これが『口コミ』と『営業』の違いです。たいていの人は、口コミは信じるのに営業は信じない。例えば飲食店の人に営業されたら「大して美味しくもないのに、美味しいって嘘ついているな」と思ってしまう。営業に対して、ネガティブなイメージを持っている人が多い。だから、無料で食品サンプルを上げる代わりに、その感想をtwitterやブログに書いてもらっている食品メーカーもあります。営業パーソンに商品をアピールさせるよりも、その方が売上に貢献すると思っているのでしょう。

時代に合わせて営業のやり方を変えていかないといけません。11月・12月と「営業改革の手法」をセミナーでお伝えしますので、是非ご興味のある方はメールをください。
特別に無料でご招待させて頂きます。

☆セミナー詳細は下記URLをご覧ください☆
https://www.ni-consul.co.jp/seminar/11_eigyou11.html

 宛先:草薙(くさなぎ)


***********************************
◆ NIコンサルティング
 M&A
 可視化経営
 可視化経営システム
 経営コンサルティング
 孫子兵法《特別》コンサルティング

◆ 営業支援システム(SFA・CRM)
◆ 
グループウェア「NIコラボ」
***********************************

スポンサーサイト
COMMENT









Trackback URL
http://ni-kusanagi.jugem.jp/trackback/21
TRACKBACK