<< Google Mapに見える化のエッセンスが詰まっている | top | 新規顧客開拓の前に、見込客ダムを大きくする活動を >>
仕事もゲームをやるように楽しみませんか?
こんにちは、NIコンサルティングの草薙です。

先日、ラウンドワン梅田店へ行ってきました。LINE(※1無料通話・無料メールアプリ)のスタンプでも有名な「なめこ先輩(※2」のUFOキャッチャーをするためです。

※1:LINEとは、オリジナルスタンプが有名で友達同士のチャットとして利用されています。http://line.naver.jp/ja/
※2:なめこ先輩とは、あるソーシャルゲーム上のキャラクターです。

週末ということもありますが、ゲームセンターがものすごい活気に溢れていて、非常にびっくりしました。特にメダルゲームコーナーは、競馬やメダル落とし以外にも、最新のゲーム機器が置かれており、多くの若者で賑わっていました。ゲーム業界も進化をし続けています。ラウンドワンでは、ゲームの遊び方ムービーをホームページでご紹介しています。

ゲームは一度やり始めて、はまってしまうと、止められない特性があります。私も小学生の頃、親からは「ゲームをするのは1日1時間まで!」と言われていました。そうは言われてもゲームを止めることはできず、夜中の3時頃にこっそり起きて、音量を最小にしながらゲームをしていた記憶があります。「やめろ!」と言われても「やってしまう」。こういう特性がゲームにはあるのです。

このゲームの要素を取り入れて、自発的かつ楽しく、仕事に取り組めたら良いですね。それを実現するのが「ゲーミフィケーション」という考え方です。仕事に対して、やるなと言われても、ついやってしまう。しかも、楽しくやってしまえると、なお良しです。

この考え方を取り入れたのが、「セールス・フォース・アシスタント」。お客様との商談情報を日報というフォームに登録をするのは面倒くさい、と思っている営業マンは多くいます。そんなのを書く時間があれば、あと1件お客様先に訪問した方が良い、と仰る営業マネージャーも多いです。しかし、お客様とのやり取りを記録として残すことは、会社にとって重要な資産となります

セールス・フォース・アシスタントでは、この情報を登録するという作業を楽しく取り組めるように、工夫しています。情報を登録したり、受注したりするとアシスタントである秘書が即時にフィードバックをしてくれ、コインが貯まる。秘書を褒めてあげると、喜んでくれて、秘書レベルが上がる。楽しく愛着を持って専属秘書を育てることにより、当然それが仕事にも役立つようにしております

セールス・フォース・アシスタントに関するセミナーを、来週6月19日(火)に開催します。

1社2名様まで無料で申し込めますので、草薙(くさなぎ)までご連絡ください。

草薙篤輝へのメール

宜しくお願い致します。
スポンサーサイト
COMMENT









Trackback URL
http://ni-kusanagi.jugem.jp/trackback/53
TRACKBACK