スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

<< 自分のチームを動かすマネジメントの力 | top | バイヤー商談で勝つ秘訣 >>
めちゃ良いモノは紹介したくなる
急に寒くなったので、風邪をこじらせている方も多いのではないでしょうか?
私は、夜眠る時に布団を蹴飛ばしてしまう習性があるため、どうしても冬は風邪をひきやすくなります。だから、寝る時は厚着をすることで、予防しています。
でも、「鼻水」「せき」「発熱」という症状が出た時は、『ハリーエース』という薬を飲みます。症状が悪化する前に飲めば、非常に効きますよ。是非お試しください。

スギ薬局さんが、楽しいオリジナルCMを作っているので、良ければご覧ください。

私がなぜ『ハリーエース』をお薦めするかというと自分自身、この薬を服用して風邪が治ったという成功体験をしているからです。製造元企業やスギ薬局様と取引関係があるからお薦めをしているわけではありません。風邪をこじらせて困っている人がいたら、自分が治ったものだから、ついこの薬を紹介したくなるのです。

あなたもつい教えてあげたくなる商品はありませんか?
「これはめちゃ良い!」と自分が思った商品は、どうしても他人に教えたくなるものです。「まぁまぁ良い」くらいなら、わざわざ教えないかもしれないですが。

あなたの会社の営業さんは、ついお客様に商品を紹介したくなっていますか?
売らないといけないという理由で、嫌々商品を紹介していませんか?
どれだけ訪問件数を増やしても、嫌々商品を提案していたら、いつまで経っても売ることはできません。「これはめちゃ良い!」と思えた時に、自然と話に説得力が増すわけです。

「そうは言っても、ウチの自社商品はぼろっちくて・・・」と思う方もいるかもしれませんが、それなら製造部に掛け合って商品改善をするとか、商品以外のサポート部分で付加価値を付けるなどやり方はたくさんあります。

ある会社では、良い商品を見つけたらまず自社でその商品を使ってみます。
そして、「これはめちゃ良い!」と思えた商品だけをセレクトしてお客様に提案されています。

「ウチはメーカーだから、仕入商品は販売できないよ」と思いますか?
非常に良いモノでそれで得意先が喜ぶのなら、仕入れてでも売るべきではないですか?
十分売上目標を達成しているのなら、わざわざ仕入商品を販売する必要はありませんが。

我々NIコンサルティングの商品のひとつである「Sales Force Assistant」は、もちろん自社でも利用しており、「これはめちゃ良い!」と思っているからこそ、お客様が困っている場合にはつい紹介をしています。困っていなければ余計なお世話なので、わざわざ紹介はしません。

▼「Sales Force Assistant」紹介動画

あなたの提案している商品はいかがですか?
自分自身で使ってみて「めちゃ良い!」と思える商品ですか?
取り扱っている商品を全く自分で使ったことがないという営業マンがたまにいるのでご注意ください。


スポンサーサイト
COMMENT









Trackback URL
http://ni-kusanagi.jugem.jp/trackback/72
TRACKBACK