<< 中期経営計画の策定は、アイデアを書き出すことから! | top | お客様があなたの会社を選ぶ理由はありますか? >>
イベントで儲けませんか?
こんにちは、NIコンサルティングの草薙です。

昨日はMr.Childrenのライブに行ってきました。
場所は京セラドーム大阪で、50,000人は動員している中、アリーナ席の4列目でした!
前回のライブでは2列目だったし、ツイテいます。

このような一大イベントには、多くの会社が連携しながら仕事をしています。
イベント会社、広告代理店、チケット販売会社、レンタル会社、警備会社など挙げるとキリがありません。Tシャツやタオルなどグッズ商品も飛ぶように売れていきます。
私も3,500円のTシャツと1,800円のフェイスタオルを買いました。
粗利はめちゃくちゃ高いと思います。

日本全国を見ると、あらゆる地域で毎日のように『イベント』は開催されています。
フリーマーケットや学祭などの野外イベントもあれば、ホテルやライブ施設で開催されるものなど様々です。
『イベント』ひとつを取っても大きな仕事ができます。
『イベント』に向けて、設備・備品(椅子や音響機材など)を貸し出している企業もあります。私も運動会を主催した時は、知り合いからテントや音響機材、綱引きなど必要な備品を借りました。

この季節だと、ホテルでは『クリスマスイベント』が開催されています。
社交ダンスショーなどもあるので、ダンスのインストラクターや衣装会社も書き入れ時となりますし、そのダンスに参加される女性は、美容室に行ったり、ネイルをしたり、化粧品を買ったりと大忙しです。

『イベント』に向けて、会社も個人もお金を使います。
その結果、多くの会社の売上は上がり、売上が上がることでその会社で働く社員さんの給料も上がります。不景気だと言って、財布の紐をキュッときつく締めていたら、結局、会社の売上も伸びないというサイクルに陥ってしまいます。みんながお金を使いたくなる楽しい『イベント』を開催して、売上を伸ばしましょう!

早速、来年に向けてイベントの企画をしてみませんか?
お客様が望んでいる『イベント』は何でしょうか?
ポストイットに書き出していきましょう!

但し、『イベント』を開催して、赤字だったら元も子もないので、しっかりと『イベント管理』はしなければなりません。
イベントできっちり儲けるために、「顧客創造アプローチ」がお役に立つはずです。



スポンサーサイト
COMMENT









Trackback URL
http://ni-kusanagi.jugem.jp/trackback/78
TRACKBACK