<< 今年は、営業ではなく顧客になってみませんか? | top | 時代の変化に合わせて、経営方針も変化する >>
楽しんでイキイキと営業活動を行うコツ
こんにちは。NIコンサルティングの草薙です。

もうすでに1月15日。半月が経過しました。
顧客の視点に立って、楽しんで営業活動をできていますか?
それとも、すでに売り売りモード全開で、悲壮感を漂わせながら営業活動をしていますか?

前回に書きましたが、今年は(も)「お客様になり切って」考えてみましょう!あなたは、楽しんでいる営業マンと悲壮感の漂っている営業マン、どちらからモノやサービスを買いたいですか?人の話も聞かずに売り込んでくる営業マンの印象はいかがですか?

頭では分かっているけれど、会社から与えられる目標(ノルマ)がきつくて、売らないと上司から怒られてしまう、という方も多いでしょう。だからと言って、あまり余裕がないと焦ってしまい、結局売れないという悪循環が始まります。

どうしたら楽しんでイキイキと営業活動ができるのでしょうか?

「成功法則その3」顧客をダムにして観覧車の席を埋めタイミングよく入れ替える

『顧客をダムにして』というのは、水をいつでも供給するためダムに水を蓄えるみたいに、売上や利益をいつでも上げられるようダムに顧客を蓄えようという考え方です。いつでも営業数字を上げられるダムがあれば、悲壮感が漂って焦って売り込む必要はなくなります。あなたは、豊満な見込客をお持ちですか?もしないのであれば、今日からでもダムを作ろうと決意してください。

さて、「売上や利益をいつでも上げられるように、ダムに顧客を蓄えよう」と書きましたが、「ダムはあるけど、そんなに素晴らしいダムはない!」と思われるかもしれません。顧客をダムにしておくだけではダメで、『観覧車の席を埋め』なければなりません。

観覧車に乗った人は、一周回って必ず降ります。
『観覧車を降りる=受注』とした場合、売上を上げるためには観覧車の席を埋める必要があります。「いつ頃、買うのか?」購入時期が来たら、その時期に顧客は観覧車を降ります、つまり受注できます。勿論、その時期通りに顧客が必ず買うとは限らないので、その場合は、購入時期を先の予定にずらせばいいだけです。『購入時期』を把握している、つまり『観覧車の席が埋まっている』状態をたくさん創り出せれば、余裕を持った営業活動を実現できるでしょう。

今年も半月が経過しました。
これから、どのようにして『観覧車の席を埋め』ていきますか?


スポンサーサイト
COMMENT









Trackback URL
http://ni-kusanagi.jugem.jp/trackback/81
TRACKBACK