スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

<< 人生と経営のプランニングをしたら即実行! | top | 色々試してみても上手くいかない! >>
仕事のゲーム化で5月病を克服!
こんにちは、NIコンサルティングの草薙です。

ゴールデン・ウィークが終わりました。
リフレッシュできたでしょうか?
朝晩は肌寒いですが、過ごしやすい気候になってきました。旅行や買い物など、レジャーを楽しまれたのではないでしょうか。世間で言うゴールデン・ウィークは終わりましたが、仕事が始まっても常にゴールデン・ウィークであり続けられるよう、毎週楽しんで生活できれば最高ですね。

そのために、今日からでも試していただきたいのが『ゲーミフィケーション』という考え方です。『ゲーミフィケーション』を英語で表記すると『Gamification』です。つまり、Gemefy(ゲーム化)するということです。先日面談した経営者は『ゲーミフィケーション』を企業経営に取り入れていると言っていました。社員の年齢が20代と若い会社なので、仕事をゲーム化することで、仕事に対する取り組み方が、楽しく前向きになると実践効果を語ってくれました。

電車の中では、携帯電話を使って「LINE POP」というアプリで熱心に指を動かしている人がいます。男性はと言うと、「パズル&ドラゴンズ(パズドラ)」をやっている人をよく見かけます。http://www.gungho.jp/pad/
どちらも頭を使って遊ぶゲームなので、一概に時間の無駄だと言い切ることはできません。ランキングが表示されるので、友達に負けまいとして、必死に得点を上げようと頑張ります。友達に勝っていれば、満足感を得られて自信がつきます。

では、仕事をしながらテレビゲームやソーシャルゲームをやるのか?と言うと、そういう訳ではありません。現在行っている仕事内容で「ゲーム化」できる部分は「ゲーム化」するのです。勝ったら報酬がもらえ、負けたら罰ゲーム。例えば、「全ての得意先企業へ新製品PRゲーム」はいかがでしょうか?企業としては新製品の受注につなげて欲しいものですが、受注に至るまでの行動をゲーム化することがミソです。受注件数や金額をゲーム化しても、ノルマや目標と同じだと白けてしまう人もいるためです。

この4月に新入社員として入社された方のモチベーションはいかがですか?
5月病という言葉があるように、ゴールデン・ウィーク明けの心の状態が気になるところです。楽しんで仕事に取り組めるように、是非「ゲーム化」することにチャレンジしてください。仕事を「ゲーム化」して楽しむ秘訣はコチラ↓

スポンサーサイト
COMMENT









Trackback URL
http://ni-kusanagi.jugem.jp/trackback/95
TRACKBACK