<< 目標達成するために小さく噛み砕く! | top | 強い組織には必ず仕組みがある! >>
景気の波に乗り遅れないために何ができる?
こんにちは、NIコンサルティングの草薙です。

初めてサーフィンをして来ました!
サーフボードに立つことはできたのですが、残念ながら波に乗ることはできませんでした。「今日は良い波ではなかった」と言われましたが、私が波に乗れなかったのは「波」という外部環境が要因だったのでしょうか。

ハーバード・ビジネススクールのステファン・P・ブラドレー教授によれば、会社が利益を出す要因の46%は会社の「外部要因」、つまり経済を含む外部環境にあるようです。マクロ経済環境、消費者動向、政府の規制、為替レート、原油コスト、素材コストなどの外部の要因が占める割合が、46%あるという分析結果です。

「アベノミクス」で景気が回復している、というのは、まさに「外部要因」がきっかけです。サーフィン同様、波は重要な要素です。しかし、そのような波に乗り切れていない企業も多くあります。

上手にサーフィンをするには欠かすことができないのが、波の情報だそうです。インターネットで検索すれば、その日の天気、波の大きさ、風の向き、どれだけサーフィンを楽しめるか、今後の波の予想などが提供されています。

企業経営も同じです。サーファーが波の情報をチェックするように、経営者も経済環境をチェックし、市場の流れを予想する必要があります。でも、波が良くないと嘆いたところで仕方ありません。円高や円安、不況を嘆いたところで、経営者にはどうすることもできません。

但し、全体の波が悪い中でも、良い波と悪い波の違いを見極め、小さな良い波に乗るサーファーもいます。大事なことは、そのような経済環境下で経営者として何を考えればいいか、ということです。その点においては、周りの環境は関係がありません。経営理念は何か。短期・長期の目標をどうするか。目標達成までの大枠のやり方や戦略は何か。

あなたの会社は、それらが見えていますか?
可視化経営度の診断が無料でできるので、お気軽にお試しください。
『可視化経営度診断』の設問は全部で30問あります。
https://www.ni-consul.co.jp/contact/checksheet.html


スポンサーサイト
COMMENT









Trackback URL
http://ni-kusanagi.jugem.jp/trackback/99
TRACKBACK