マイナンバーを会社に提出しましたか?
こんにちは、NIコンサルティングの草薙です。
 
12月ももう中旬となり、2015年の終了が近づいてきました。年末は取引先へのご挨拶に加え、年末調整書類や年賀状の送付など社内業務処理も多くなる月です。
 
来年から始まるマイナンバー制度に向け、私も「マイナンバー」と「平成28年分 扶養控除異動申告書」を会社に提出しました。平成28年分の申告書には、ばっちりと『個人番号(マイナンバー)』を記入する欄があります。マイナンバー情報が漏洩してしまうと、罰則が与えられるため、弊社の管理部も慎重に取り扱いをしております。
 
個人番号(マイナンバー)に関しては、源泉徴収や社会保険に関する事務手続きに利用されるため、会社に伝えておく必要があります。私は西日本支社に在席しており、管理部が在席しているのは東京本社です。社内便で本社に郵送するにしても、誰か(拠点の事務員さんなど)が取りまとめを行う際に、拠点メンバーのマイナンバーがばれてしまう可能性があります。
 
そのため、弊社では各自がWEB上でマイナンバーと「通知カード」「免許証」をアップロードする方法を採用しました。私も実際にアップロードしたのですが、非常に簡単でした。スマートフォンで社内サイトにアクセスし、マイナンバー入力後、「通知カード」「免許証」をスマートフォンで撮影して添付するだけでした。「第3号被保険者(配偶者)」の委任状だけは押印が必要だったので、それは別途PDF化してアップロードしました。
 
その情報は、リアルタイムに弊社管理部に共有されます。管理部には共有されるものの、私以外の社員は、私のマイナンバー情報は一切見ることができないし、私も他社員の情報を見ることができないよう閲覧制限がかけられております。そのため、安心してマイナンバー情報を保管することが可能です。
 
業務効率を高めるために何ができるのかを考えると、やはりITをうまく活用した方が良いです。各社員が、マイナンバー通知カードや免許証をコピーして、切手を貼って郵送するのも良いですが、時間もコストもかかります。社内業務は効率化して、代わりに年賀状など社外の取引先にかける業務には、時間とコストを使って対応していきましょう。
 
来年になればまた一段とマイナンバー保管に関するお悩みが増えると思いますので、お気軽にご相談頂ければ幸いです。2016年も宜しくお願い申し上げます。

営業リーダーが会社を動かす!
こんにちは、NIコンサルティングの草薙です。
 
先日「営業リーダーがやってはいけない33のこと」と題して、セミナーを開催いたしましたが、今までにないくらいの反響がありました。セミナータイトルのキャッチコピーが良かったのか、たった1日で50名満席となりました。営業リーダーに悩みを抱えている企業が多いということもあるのでしょう。
 
私が担当しているクライアント企業でも営業リーダー育成の課題が絶えません。プレイングマネージャーであるため、どうしてもプレーヤーとしての意識から脱却できないようです。つまり、部下のマネジメントができていないとのことです。営業担当者が分からないことに対して答えるだけという、ただの“先輩”みたいな感じです。
 
なぜそのようなことになるのかと言うと、『マネジメントのやり方』を誰からも教わったことがないからだと思います。マネジメントができている人は、本を読んだりして勉強していますが、勉強していないマネージャーの方が圧倒的に多いです。昔(マーケット拡大期)は、とにかく手数足数を増やして叱咤激励するマネジメントで良かったのでしょうが、今(マーケット縮小期)は、量だけではなく質に対して指導をしていく必要があります。
 
営業担当者のやり方を見て、具体的に指導できる、スポーツで言うと“コーチ”的な役割を果たすのが営業リーダーです。そのように考えると、営業リーダーが一番、営業成績を上げている必要がありそうですが、そうである必要はありません。一流のアスリートにもコーチが付いているように、一流の営業担当者にも営業リーダーが必要なのです。営業担当者として売る力も大切ですが、同様に指導する能力も向上していきましょう。
 
日々の業務をこなしていると、売る力は比例して伸びるかもしれませんが、指導力は比例しません。来年こそ、営業リーダーの方は、どんどん勉強しましょう!営業リーダーが会社を動かす時代です。来年以降も『営業リーダー育成』をテーマとしたセミナーを開催していきますので、ご興味がありましたら是非ご参加ください。

https://www.ni-consul.co.jp/seminar/15_create.html

 
業績を伸ばす上で重要なのは、やはり“差別化”!
こんにちは、NIコンサルティングの草薙です。
 
久しぶりに歯のメンテナンスのため、近くに開院した歯科医院に行ってきました。家から近く、見た目がキレイ、そして「結構良いよ」という声もあったので、試しに行ってみたわけです。すると、それはもう、非常に良いサービスだったので、リピート間違いなしです。他の歯科医院とは大きく差別化されていました。
 
歯科医院は、コンビニの数よりも多い激戦の商売です。医師の友人から、今や歯医者で儲けるのは非常に難しいと聞いたことがあります。そのため、生き残りをかけて凌ぎを削っているのでしょう。私が行った歯科医院は、ただ新しいというだけではなく、他の歯科医院にはない特徴を兼ね備えています。
 
  • 日曜・祝日診療
休診日は、毎月1日・2日だけ。それ以外は、土日祝9:00〜19:00まで診察しています。一時、「平日の深夜に空いている歯科医院はないかな?」と思っておりましたが、日曜・祝日も診察OKなら十分通えます。
 
  • 担当制による一人一人に寄り添った診療
歯科医師や歯科衛生士が担当制になっており、責任感を持って一人一人の患者さんと向き合ってくれます。1回約1時間、完全個室でヒアリングや助言をしてくれます。日頃、感じている疑問点に対して、丁寧に答えて頂ける点に感心しました。
 
『むし歯にならない為に通う歯科医院』、治療ではなく予防を全面に押し出しています。小学生時代にやったと思いますが、染め出し剤を使って、歯磨きの汚れチェックをした上で、歯磨きのやり方から、フロス(歯と歯の間の汚れを取り除く紐)の使い方を丁寧に教えてくれます。歯ブラシも同じ歯ブラシを1ケ月以上使い続けると、バイキンで歯を磨くことになるので止めた方が良いとのことでした。
 
初診の際、歯全体をパシャパシャと撮影され、また12個の角度からレントゲンも撮られたので、現状の歯の状態は保管されています。自分自身で歯のメンテナンス方法を学ぶことで、3ヶ月後に歯の状態がどれだけ良くなっているのか楽しみです。『治療のために歯科医院に通う』から『予防のために歯科医院に通う』と考え方を180度変えることで、ここまで競合と棲み分けができることに気づきました。
 
病院経営に関連する企業をサポートしている私としては、このような気づきをしっかり伝えていきたいと思います。そして、他の業界にも応用していきます。
 
マイナンバー対策で情報活用基盤の構築を!
こんにちは、NIコンサルティングの草薙です。

先日、大阪で「マイナンバー対策セミナー」を開催しました。最近は、毎日のように新聞にマイナンバー関連記事が掲載されており、皆さんの関心度も高まってきています。セミナー前日にホームページから申し込まれる方もいました。「さすがにそろそろ考えないと」と思う方が増えてきたようです。
 
マイナンバー対応は、主に、総務や経理部の方が対応することになるので、それ以外の部署は関心度が低いです。情報システム部門があまり絡んでこないケースもあるので、マイナンバーについては、紙で保管すると考える人も多くいます。保管するためのキャビネットを用意するだけであれば費用も安くて済みます。
 
マイナンバーを紙で管理する場合、従業員のマイナンバーを入社年度ごとにファイリング。退職時には、ファイルから抜き出して、退職時ごとのファイルに入れ直し、そこから保存期間管理をしないといけません。そして、保存期間が過ぎたら、確実に廃棄処理をしなければなりません。アルバイトが多いと、さすがに紙管理は厳しいでしょうね。
 
費用はかかりますが、ITを利用するのが良いです。わざわざファイリングする必要もないですし、自動廃棄もしてくれます。利用履歴もITが管理するため、いちいち記録を付ける必要もありません。かなり楽ができます。その代わり、費用はかかります。マイナンバー管理だけに費用をかけるくらいなら、面倒でも紙で管理しようという気持ちは分かります。マイナンバー管理者が頑張れば済む話ですから。
 
ただ、マイナンバー管理に限らず、もっと有益な機能がついたシステムなら費用をかけても良いのではないでしょうか?マイナンバー管理をするなら、ついでに『顧客情報』や『技術情報』なども管理しましょう。マイナンバー対策をすることで、企業におけるIT活用、情報活用の基盤が出来上がることになります(下記3点)。
 
1.セキュリティの確保
   個人情報保護の体制とルール化ができます。
2.相互牽制の確立
   属人性を排除し不正な所業を抑止できます。
3.ペーパーレス化
   無駄な紙をなくし印刷費・郵送費等のコストダウンも実現します。
 
マイナンバーだけで終わるのはもったいないので、マイナンバー対策をきっかけに企業体質強化につなげていきましょう。
 
◆マイナンバー管理“も”できる『nyoibox(如意箱)』 ※月480円〜
http://www.ni-ware.com/nyoibox/
今年9月はマイナンバーの社内教育を!
こんにちは、NIコンサルティングの草薙です。

お盆休みはいかがでしたか?9月はシルバーウィークがあり、お盆休み同様、土日含めて5日間の休日が続きます。その分、営業日数が少なくなるため、1日1日を効果的に過ごしていきましょう。

さて、ここ最近のトピックは、『マイナンバー』です。

シルバーウィークが終わり、9月末までを目途に、全従業員に対して「マイナンバー通知カード」を厳重に保管するようアナウンスする必要があります。

事前にアナウンスをしておかないと、届いた通知カードを誤って破棄する従業員がいたり、住民票と現住所が異なる人が通知カードを受け取れない可能性があります。
10月に入ってから社内アナウンスをしたのでは遅すぎるので、9月中には社内アナウンスをしてください。

できれば、マイナンバー制度の概要を理解するために、従業員に対して基礎知識を教育することをお勧めします。内閣官房のマイナンバー(社会保障・税番号制度)に関するWebサイト(URL:http://www.cas.go.jp/jp/seisaku/bangoseido/)にて、動画「動画で見るマイナンバー(事業者向け)」を、各自視聴させてみてはいかがでしょうか?

動画を視聴するだけで、基礎知識を習得することができます。マイナンバー(個人番号)を取り扱うに当たり、取扱責任者及び担当者の方については、「気が付かないうちに法律に違反してしまっていた」ということにならないよう、書籍や外部セミナー等を利用して教育を実施してください。

弊社では、全国で「マイナンバー対策セミナー」を開催いたします。
https://www.ni-consul.co.jp/seminar/15_mynumber.html

ご参加いただき、マイナンバー制度の理解度を深めて頂ければ幸いです。

第2部では具体的に、マイナンバーの「収集」「保管」「利用」「廃棄」のフローをどのように対応するのかご説明いたします。是非、ご参加ください。
マイナンバー対応実質ゼロ円!nyoibox(如意箱)
こんにちは、NIコンサルティングの草薙です。

いよいよ10月スタート!『マイナンバー』。
10月から国民一人一人に割り振られる背番号=マイナンバーの通知が始まります。

源泉徴収票などの作成のために従業員や家族の個人番号を集める企業に対し、国は厳格な管理を求めています。適切に管理されていない場合には懲役や罰金が科されるため、企業側は制度対応でてんてこ舞いの状態です。

中小規模事業者には、鍵のついた収納場所に紙を格納するだけでも良いという特例がありますが、それだと管理も大変だし、廃棄も確実ではありません。

そこで、マイナンバーを管理、運用するために、『nyoibox(如意箱)』を利用することをお奨め致します。
http://www.ni-ware.com/nyoibox/feature/09.html

『nyoibox(如意箱)』は、日々の業務に必要なデータベースツール
ノンプログラミングで、誰でも簡単に作ることができるサービスです。 

http://www.ni-ware.com/nyoibox/

そこにセキュリティ強化した『Priv.BOX』を追加しました。

今なら、マイナンバー制度導入のための社内規定例や運用マニュアルが用意された「マイナンバーテンプレート」を年内限定で無償提供します。

従業員やその扶養家族は、業務上接点があるので、マイナンバーを取得するのは、それほど困難ではないですが、外部の支払先にわざわざマイナンバーカードや身分証明書を提示してもらうのは面倒です。直接預かりに行くのも時間とコストがかかるし、簡易書留で郵送するのも面倒でコストがかかります。

そこで、nyoibox(如意箱)の『YourPage』機能を活用して、WEBからマイナンバーカードなどを直接登録してもらうこともお勧めです。
『YourPage』機能については、改めて詳細をご案内いたします。

 
20年後の未来を考えると発想は拡がる
こんにちは、NIコンサルティングの草薙です。

先日「戦略的ビジョン構築研修」というテーマで研修会を開催しました。

業績を拡大するために「営業力を強化しよう」「新商品を開発しよう」「新規事業を起こそう」と考える企業はありますが、行き当たりばったりで考えていることが多いようです。“戦略的”に考えたいものです。

弊社では“戦略的”を次のように定義しております。
「長期的視野に立ち、複合的・多面的・包括的に物事を捉えて、技術の優劣ではなく思考の深さによって優位性を構築していく」

『長期的視野』に立つ時、“20年後”の未来を描くのが良いです。現在の技術の有無に左右されずに視野を拡げられるからです。20年後に「売上〇円、経常利益〇円」と描くことにより、実現方法を検討していきます。現在の延長線上で考えて達成可能な数字を置いてしまうと、発想は拡がりませんので高めの数字設定が良いです。

無茶な目標数字だけ掲げても夢物語で終わってしまうだけです。『ビジョンマップ』上に、戦略ストーリーを描きます。『財務』『顧客』『業務プロセス』『人材と変革』の4つの視点を考慮します。

「顧客が自社に何を求めているのか?」という点を検討することが非常に大切です。あなたも一度、点検してみてはどうでしょうか?例えば、魚屋さんのお客さんは「おいしい魚が食べたい」と思っているでしょうが、本当にそれだけでしょうか?もしかすると、魚に限らず「健康にいいものが食べたい」と思っているかもしれません。「ダイエットがしたい」と思っているかもしれません。

これらの要望に応えるためには『魚屋』だけをやり続ける必要はありません。健康になるレストランを経営しても良いでしょうし、フィットネスクラブを経営しても良いでしょう。発想は拡がります。今はノウハウがなくて無理だと思っていても、20年後だったらどうでしょうか?関連書籍を読んでその内容をブログに週一で書きつづるだけで、20年も経過すれば相当な人になっているでしょう。

目の前のことをがむしゃらにやることも大切ですが、バランスよく長期のことも視野に入れて実行し、未来を自分たちで創っていきましょう。
貴社が実践すべきプランを創りませんか?
こんにちは、NIコンサルティングの草薙です。

5年後、10年後、20年後、と期限を決めて、節目で達成したい目標を創っている企業はやはり強いです。

逆に、今年の目標だけを作成している企業や、売上目標数字だけを設定して終わっている企業は弱いことが多いです。

強くなるためには、下記のことを考える必要があります。
10年後の目標を創る
¬槁乎成の阻害要因を把握する
6饌療な手順を検討する


この度、経営者限定で

10年後も生き残る「強い会社」を一緒に創りませんか?

と題して、大阪でセミナーを開催いたします。これからの10年をどのように歩んでいくか、その航路を実際に「創る」セミナーです。設計には、全国3600社以上の経営改革を支援する弊社のノウハウを余すところなく提供させて頂きます。

セミナーを聴講するだけでは、具体化できない部分を、ワークを通して自社の具体策をセミナー中に検討して頂きます。セミナー終了後には「個別相談会」を設けております。帰る頃には、何をやるべきかを明らかにしてスッキリして頂ける予定です。

経営者様限定、少人数で開催の「真剣勝負」。あなたの会社の未来を一緒に切り拓いていきましょう。
https://www.ni-consul.co.jp/seminar/15_osaka_s.html
エクセルの限界を打ち破る!
こんにちは、NIコンサルティングの草薙です。

多くの企業では、エクセルを利用して管理帳票を作成しています。本屋に行くと「エクセルの使い方」を整理した書籍を以前より目にするようになりました。また、エクセルの操作方法で分からない場合、インターネットで検索すると、大体そのやり方がヒットします。それだけ、ものすごく多くの人々に利用されているのです。

利用率が高いにも関わらず、蓄積や検索性に乏しいという不満の声もよく聞きます。エクセルに情報が貯まれば貯まるほど、検索をして引っ張り出すのが難しいのです。「エクセルでは限界がある」というお声から、システム化を検討する企業もあります。ただ、その会社オリジナルのシステムを開発する場合、多額の費用がかかるという問題点がありました。また、情報システム部門のメンバーがいないと、そのシステムの改修にさらに時間と費用がかかります。その結果、エクセルを使い続けるしかなかったのです。

情報システム部門でなくても、誰でも簡単に“ノンプログラミング”で自由に作成できるデータベースが欲しい!というご要望にお応えし、エクセルに代わる「誰でも意のままに作れる箱型データベース」を発売しました。それが、nyoibox(如意箱)!
http://www.ni-ware.com/nyoibox/

紙の伝票だったり、電話連絡だったり、FAXを送ったり、メモ書きで処理していたような仕事を、ちょっと改善したい、ちょっとスピードを上げたい、ちょっとヌケモレをなくしたい、と思ったりするような業務をエクセルではなく、『如意箱』に移行すると、業務プロセスの自動化、情報の共有化、業務の可視化を図ることができます。エクセルのように、表やグラフに集計できるので、分析にも使えます。

スマートフォンやタブレットを使い、いつでも、どこでも利用することができ、「月額480円/人」というローコスト。1日あたり16円(1ユーザー)。エクセルでは限界のあった業務を『如意箱』で見直してみませんか?
http://www.ni-ware.com/nyoibox/

業務改善、業務プロセスの見直しなども含めて、是非ご相談ください。
精神論では営業マネージャーは育たない
こんにちは、NIコンサルティングの草薙です。
 
営業メンバーの教育に業を煮やしている企業が多いと感じています。営業メンバーを教育するのは営業マネージャーの大切な業務ではあるのですが、どこの会社もプレイングマネージャーばかり。プレイングマネージャーにメンバー教育をする時間があれば良いのですが、そのような時間はありません。なぜなら、プレイングマネージャーがチームの稼ぎ頭で、営業メンバーよりも忙しいことが多いからです。
 
そのような企業に経営者が言うことは「メンバー教育は営業マネージャーの仕事だから、しっかりやれ!」です。頭では分かるので、しばらく意識するのですが、日々の業務に忙殺され、結局はいち営業マンに戻ってしまいます。意識を変えるだけでは、現実はなかなか変わっていきません。
 
それでは、どうしたら良いのでしょうか?担当顧客を持っていないマネージャーは限られています。プレイングマネージャーは、自分自身の目標数字も持っているし、担当する顧客も多く、全ての顧客を営業メンバーに引き継ぐのは困難です。
 
それであれば、重要顧客を営業メンバーに担当させていくのです。たとえ業績を大きく左右する重要顧客であっても、部下を担当営業マンとして前面に立て、マネージャーはフォロー役に徹するのです。いつまでもマネージャー自身が重点顧客を抱え込むと、部下が一向に育ちません。さらには、現場の業務に忙殺されて、マネージャー自身がやるべき仕事もおろそかになります。
 
マネージャー個人の担当顧客は部下の担当する数よりも少なくなるのが本来の姿です。マネージャー個人の担当顧客が圧倒的に多いということがよくあります。自分が現場で営業しなくても数字が達成できるように、部下を育成していくことが何よりも大切なのです。
 
弊社では、営業マネージャーの負担を軽減するための仕組みを開発しました。それが“電子秘書”です。訪問のヌケ・モレを教えてくれたり、担当顧客の決算月を教えてくれたり、顧客の現状を教えてくれたり、マネージャーが逐一言わなくてもいいように、“電子秘書”が代わりに言ってくれます。ここで大切なのは、営業メンバーが“電子秘書”に言われたことに反応して実行しなくてはいけません。マネージャーが言っても実行しない部下がいますが、実行させるのがマネージャーの仕事です。“電子秘書”が言うことに対して、実行させるようマネージャーは目を光らせてください。
◆電子秘書システム
http://www.salesforce-assistant.com/assistant/

 
残念ながら、電子秘書は、マネージャーの代わりではありません。サポートしてくれる存在です。マネージャーは自らの業務を全うしましょう!
『営業マネージャー研修』では、マネージャーのあり方をご説明します。是非、ご参加頂ければ幸いです。
 
◆営業マネージャー研修
https://www.ni-consul.co.jp/etp/2015/manager.html